在来工法の基礎知識で新築一戸建て

建築工法の中でも代表的な工法が【在来工法】です。 多くの建設会社、工務店がこの工法で住宅建築を行います。 では、この【在来工法】にはどういった特徴があるのか、どういった工法なのか、 このサイトでご紹介したいと思います。 木造住宅には、大きく分けて (1)木造軸組 (2)ツーバイフォー (3)木質プレハブ の3つの工法があります。この中でも、木造軸組工法は日本の住宅で最も一般的な工法で、在来工法とも言われています。 この工法は、簡単に言うと、柱や、床梁(はり)、小屋梁・桁材などに比較的太い木材を使用し、筋交いも入れて住宅を支え、これに壁を付けるつくり方です。 柱や梁などの「軸材」を組むので「軸組」と言うわけです。 木造軸組工法の特長は、間取りが自由にできることです。 また、窓や出入口などの開口部が大きく作れ、そのレイアウトの自由度が高い点や、増改築もしやすいことなどが挙げられます。 「木造」と言うと耐震性に不安がある、とおっしゃる方がたまにいらっしゃいますが、現在の建築基準法では工法により耐震性に差異はありません。また、現在の建築基準法では、木造の柱と土台や梁や筋交いの接合部分は、金具止めし、筋交いの入れ方もより強度を増すようになっています。                日本の気候に適切な建築方法 日本の気候は、高温多湿な夏と寒く乾燥する冬といった具合に四季があり、日本の住宅はその過酷な気象条件にも耐える家づくりが必要です。 木材は調湿能力に優れた日本の風土に適した建材であり、在来工法も日本の風土に適合した建築方法です。 しっかりと木を組み、梁を通して、土壁を塗る。古来よりこうした在来工法を利用して建てられた木造住宅は、日本の風土を考えられた住まいです。 夏の高温多湿な時期にも冬の寒く乾燥する時期にも木材や土壁が呼吸をし、家を守ります。 木造住宅は地震に弱いと言われますが、しっかりとした地盤にきちんとした方法で木を組み込んだ木造住宅はかなり強い地震でも倒れにくいのです。 奈良県の法隆寺など1000年以上前に建てられた木造建築が生き残っているのも、しっかりとした在来工法で建てられたからです。 木目を活かした見せ梁や柱、伝統的な純和風住宅の建築など、 匠の技を活かした家や、 通気性に優れ、自然と共に暮らすことのできる住まいを造ります。 環境共生型・自然共生型の住宅に対する理解が深まる今、日本に古来から伝わり、 その風土に適した変化を続けてきた在来工法の価値も再評価されています。 在来工法のメリット ①加工をするのがとても簡単。  加工が簡単にできるということは、いいかえれば、将来的に増築をする場合や改築をするという場合でも、簡単に行うことができるということにつながります。 ②工事に入ってからでも変更をすることができる柔軟性。 ③湿気にも強い構造。 ④対応年数も他の工法の構造に比べると長い。 ※デメリットはこの反対で、建築に日数がかかってしまうことや、大工さんの腕に頼るところも多いので、熟練した大工さんと経験の浅い大工さんでは、住宅の完成精度に差がつきやすい工法でもあるところでしょうか。

在来工法と木造住宅

ここへきて木材住宅が見直されてきています。木材は間取りの自由度がきくことや鉄骨やコンクリートに比べて軽くて丈夫なのが特徴です。さらに木材住宅は日本の多湿気候に向いています。湿度を調節してくれ、身体にも優しい住宅といえます。

松戸 新築一戸建 川越の新築戸建てはルームリサーチへ 2031 6/4

Copyright © All rights reserved.在来工法の基礎知識で新築一戸建て.